あだちのおばんざい
京都 西陣の南の端、千本丸太町に僕の祖母の父が創業したのが昭和二十五年。 祖母の父は元々船のコックをしてたらしいのですが、その味を皆さんのお家でも楽しんでもらおうと始めたのがあだちです。 開店当時の千本丸太町は、四条河原町か千本丸太町かというぐらいの賑わいだったと聞いてます。 時代は流れましたが、あだちはまだまだ昔のままの味を父と母と3人で店を切り盛りしてやってます。

あだちのこと


そんなあだちの味付けは京風の薄味で…と言いたいところですが、甘辛くて、はっきりした味付けがあだち風。 白いごはんに合う事を一番に考えてます。 そんなあだちの野菜はすべて京野菜で…と言いたいところですが、産地はいろいろ。 その季節に一番おいしい旬のお野菜を毎朝京都中央市場から仕入れてます。 それもこれもみんな、おいしく食べて頂くため。旬の食材を手間暇かけておいしくいただく、そんな昔からの知恵をこれからも大切にしていきます。

受け継がれる味

あだちの歴史

あだちへのアクセスマップ

京都市上京区千本丸太町東入る 電話・ファックス075-841-4156 お持ち帰り午前10時〜午後6時 ランチ午後12時〜午後2時30分 夜午後6時30分〜午後10時 (オーダーストップ午後9時) 日曜定休日

あだちへのアクセス



京都のおばんざい屋さん・京の惣菜あだちのブログ

京都のおばんざい屋さん・京の惣菜あだち